4/21 『オペラ座の怪人』ソワレ @京都劇場

『オペラ座の怪人』 全国ツアー中。現在京都劇場にて上演中、5/20までです。
観劇は少し前になりますが、感想を。
久しぶりの京都劇場でした。

・・・・・・・・・・・・・・

4/21 『オペラ座の怪人』 17時30分開演 @京都劇場
H列上手側サイドブロック かなり斜めからの位置で少し見づらかったです。

画像画像












久しぶりに大好きな『オペラ座の怪人』の観劇。
最初のオークションの場面で、オルゴールを手にとって年老いたラウルが歌いだす・・不覚にもこの場面ですでに泣いてしまいました。

ただ、席の状態もあるのですが、音の聞きにくい部分があり。怪人・クリスティーヌ・ラウルが3人で歌いあうところなど、音が被って歌詞が全く分かりませんでした。
そういうところがいくつかあって、私はストーリーも歌も分かってみていたのでいいですが、初見の方はわかりづらかったのでは?と思ってしまいました。
なので、怪人やクリスティーヌの哀しさや孤独感も伝わりにくく、途中集中力が切れそうになりました。。。。

でも、やはり『オペラ座の怪人』はすばらしい。音楽や構成など、見事です。
毎回同じなはずなのに、感じ方が変わるのは不思議ですが。
結局すごく感動して劇場を後にする・・恐るべし劇団四季(深い意味はないです)

・・・・・・・・・・・・・・・

私が山口祐一郎さんを好きになり始めの頃、CDなど片っ端から買っていました。
『オペラ座の怪人』もそのひとつ。もちろん生は観たことがありません。
なのに、CDを聞いただけで号泣した作品です。
山口怪人の切なさや哀しさに胸が詰まり、何度聞いても号泣していました。

叶わぬ事と分かっていても、山口怪人の『オペラ座の怪人』が観てみたい。
『オペラ座の怪人』を観たら、感動とともにどうしても願ってしまいます。
劇団四季さん!ダメですか!?

この記事へのコメント