3/28 『マディソン郡の橋』ソワレ @ドラマシティ

『マディソン郡の橋』大阪公演初日の感想を。
18時開演。定時ダッシュに成功して、サンドイッチを食べる余裕もありました。
山口さんは好調で、かっこよさ・響き渡る歌も健在でした。

・・・・・・・・・・・

3/28 『マディソン郡の橋』 @梅田芸術劇場ドラマシティ
かなり前方 上手サイドブロック 

画像
画像


生声が聞こえるくらいの席位置でした。ただ、前方サイドはスピーカーからの音が分かれて聞こえて、慣れるまで少し時間がかかりました。
大阪公演初日ですので、笑う箇所でちゃんと笑いが起こって私も新鮮。
加賀谷さん演じる(?)スティービーが出てきてときなど、いい笑い。
全体がいい雰囲気で進んでいきました。

最初見たときも思ったのですが、舞台セットがかなり簡素ですよね。
フラニーの家のダイニングとキッチンは詳細に作っていますが、ほかはかなりシンプル。
特にびっくりしたのが、ローズマン・ブリッジが影や形さえも出てこない事。
キーとなるのですから、何かしらの形があってもいいのでは?色と雰囲気だけでも。写真(パンフレットなどの)を見ていない人は想像さえ難しいと思うのですが・・
ただ、9人という少人数で作品を作っているので、セットも簡素にして想像力を膨らませる方がいいのかなあ・・

それにしても涼風さんと山口さんは、難しい歌を難なくこなして、さらに心に響かせる。すごい方達です。
二人とも、出会って惹かれて別れに向かっていく、その微妙な心の変化が伝わって切なかったです。

一夜をともにした後のフラニーを見つめるロバートの視線が素敵。
切なかったり楽しそうだったり。
こちらを見ている?と思える位置だったので、余計にドキドキしました。
切なそうな視線に、こちらが切なくなりました。
東京公演より、ずっと前方でしたので山口さんの細かい表情が確認できてうれしかった。
ただ、フラニーと向かい合って歌う歌は下手を向いて歌っていたので、お顔を確認できず残念。

後方席が少し空いていましたが、和やかな熱い舞台でした。
かっこいい山口さんを堪能できて満足でした。
次は明日3/31ソワレ、そして4/1千秋楽を観劇します。

・・・・・・・・・・

おまけ
劇場横の通りの桜。写真では分かり辛いですが、イルミネーションと融合してとてもきれいでした。
明日もあさっても晴れの予報。桜も美しいままだと思います。

画像




この記事へのコメント